「矯正」をして、見た目もきれいに

皆さんは歯医者にて、歯並びを矯正したことがありますか。

歯並びというのは悪ければ見た目が悪くなるだけでなく、体にも悪影響を及ぼしてしまいます。

ですから、「矯正」をして、見た目もきれいに、そして身体もすっきりとさせる必要があります。

「矯正」をすることによって、毎日の生活がうんと変わるということになるでしょう。

日本人の歯並びというのは海外に比べるとかなり悪いです。

しかし、外国人の歯並びがきれいだから、日本人もきれいにするべきという考え方はやめましょう。

日本人には八重歯の文化というものがありますから、欧米に合わせてわざわざその文化を捨てる必要はないでしょう。

でもやっぱり、海外だとか日本だとか関係なしに、歯並は良いほうが健康にも良いので、「矯正」したほうがいいでしょう。

また、歯並びが悪ければどんなデメリットがあるのかというと、まずは虫歯になりやすいという面です。

歯並びが悪いとどうして虫歯になりやすいかというと、歯並びが悪いことで、虫歯の元となる歯垢が溜まりやすくなってしまいます。

歯垢をきれいにしなくては、虫歯を予防することは出来ません。

歯垢を取り除くためには歯磨きが重要なポイントとなってくるのですが、 歯並びが悪いと歯磨きでしっかりと歯を綺麗にして歯垢を取り切ることができません。

そうするとどんどん歯並びが悪い部分に歯垢がたまり、固まっていってしまうのですね。

その結果、虫歯の元が増え、虫歯になりやすい歯になってしまうのです。